加熱式タバコによる喫煙禁止区域侵食は確実に広がっている〜セントレア空港ビルにアイコス体験ブースが登場〜

セントレアとタバコ

中部国際空港(セントレア)の喫煙禁止フロアにアイコス体験ブース

2018年8月27日のセントレア4Fスカイタウンにおいて、アイコス体験・販売ブースの存在を確認した。

f:id:juliensorel:20180829233039j:plain

ここは飲食店街やフードコートがある屋内であり、もちろん喫煙禁止のエリアになる。

タバコ会社のミスリーディングによって加熱式タバコが無害だと誤認している人が多いようだが、アイコスもプルームテックもタバコ葉を用いた「タバコ」である。

それらは紙巻きタバコに比べれば副流煙が減少しているものの、主流煙中にタバコ特有の有毒物質を含むため、喫煙者の呼気によって周囲の環境が汚染され受動喫煙被害が起こることが分かっている。

「【加熱式電子タバコ】緊急警告!」を掲載致しました|日本禁煙学会
一般社団法人 日本禁煙学会の公式ホームページです

また、高濃度のPM2.5発生源でもある。

「PM2.5」加熱式タバコからも出ていた(石田雅彦) - Yahoo!ニュース
大気汚染が深刻な中国から飛んでくるPM2.5だが、実はタバコの煙からも大量のPM2.5が出ている。呼吸器疾患や発がんなど、健康に悪影響を与えるPM2.5だが、人気の加熱式タバコはどうなのだろう。

改正健康増進法に違反

加熱式タバコは、2018年7月に成立した受動喫煙対策を強化する改正健康増進法においても規制対象になっている。

健康増進法の一部を改正する法律(平成30年法律第78号) 概要

このようなタバコ製品の体験ブース設置許可を完全禁煙のフードコート隣に出す中部国際空港株式会社は、公衆衛生意識・遵法意識が低いと言わざるを得ない。

タイでは所持することも違法

セントレアはタイ航空によるバンコクへの定期便がある。そのタイでは、加熱式タバコを含む電子タバコの所持が禁止されており、セントレアで購入したiQOSを持ち込めば逮捕される。

このような製品のターミナル内販促イベントを許すことは誠実な企業のすることだろうか。

タイで「加熱式タバコを吸う」と最大10年の懲役刑に(石田雅彦) - Yahoo!ニュース
タイでアイコスを吸っていた日本人が続々と逮捕され、高額の罰金を支払う羽目になっているとSNS上で話題だ。同様のケースは、電子タバコを広く使用する英国人やイスラエル人などにも適用されているようだ。

中部国際空港株式会社に問い合わせ

 2018年8月27日のセントレア4Fスカイタウンにおいて、アイコス体験・販売ブースの営業を確認しました。

フードコートの同フロアでタバコを使用するのは不適切です。タバコ体験コーナ設置の経緯について教えて下さい。

・成立済みの改正健康増進法により、加熱式タバコは明確に屋内での使用が禁止されることを理解していますか?

・加熱式タバコが紙巻タバコと大差ない量のニコチンなど有害物質を含み、周囲の環境を汚染し受動喫煙被害が起こることを認識していますか?

・セントレア定期便のあるタイでは、加熱式タバコを含む電子タバコの所持が禁止されており、セントレアで購入したiQOSを持ち込めば逮捕されることを把握していますか?

 JTと提携するセントレアは受動喫煙被害に寛容だ。訪れる際は十分注意して欲しい。

タバコ臭い国際空港は日本の恥だ!〜セントレアに見る提携型タバコマネー汚染〜
提携型タバコマネー汚染ここでは提携型のタバコマネー汚染について、セントレア(中部国際空港)を例に見ていく。2017年12月23日 の中日新聞朝刊において、目を疑うような奇怪な全面広告が掲載された。セントレアの社長とJTの東海支社長が仲良く2

コメント

タイトルとURLをコピーしました